十人十色いる風俗嬢

十人十色いる風俗嬢

世間話をせず、そんな子にはプレーの要所要所で声を掛ける程度にしましょう。性的なサービスだけでなく、風俗嬢はサービス中のあらゆる事に会話や時間配分など気を配る必要があります。

イメージとして容姿が派手な風俗嬢=話が好き、という感じが手痛いと思いますが、大人しそうな風俗嬢でも実は話が好きだという子がいます。「気持ちいいよ」とナメてくれたらイイ、「尚更して望む?」とおんなの子が感じていたら言うなど、プレイに特化した話を心がけます。

風俗嬢選びに失敗をする事もあるとおもいますが、このような風にキャッチボールがもし出来ないと困ったら対処をするのも手デス。極度に緊張したり恥かしがっている場合が話さない風俗嬢は多数ので、話しをプレイをやって気が紛れてる(興奮をしている)ところでかけてあげることで答えてくれるはず…というか答えるのが自然になります。

いつも派手で元気な会話が風俗嬢を苦手だからと選んでいる人がいれば、大人しめ女子をこれからは狙ってみるのも好調かも知れません。「口数この子少なそうだな」「あまり話しかけないほうがいいかな」と思っても、一つこちらから話題を振ってあげると途端に関係が縮まることも無数です。

人と関ってたいと風俗嬢は感じてる子がうんとのですが、客の顔色を風俗嬢という立場上うかがってしまう癖があります。しかし風俗嬢も十名十色、サービスが得意でもかわいくても話が下手な子もいるわけです。

自ら話しかけるのはにがてだけど、一つ話題をずんずん与えると話が弾む・・・。


ホーム RSS購読 サイトマップ